FC2ブログ

新潮文庫nex:グッドモーニング/最果タヒ

グッドモーニング

▼ 会話切断ノート ▼

わたしは考えるとき文字にしなければいけないと思っています。
やじるしをつなげていったりすると
たいへん考えることは面白いです
頭の中でするとわたし以外とそれが接続され
いつのまにか
根拠は現実に抹消されます
それもいいです
けれど

日記は考えるための道具でしかありません
わたしは悩みのない人間です
自分という存在にも
他者という存在そしてそれとの関わり合い
根本的な生命の意義
全てにこたえをだしています

宗教とはもともと
人格形成の軸として利用されていたのではないでしょうか
わたしは考える
といことが今、わたしがなににも追われていない理由であると
今こうして
じっとしていられるというのはこうして考えるためだと
思っています
考えは広がるとわたしの知る世界を網羅します
そして
今度は創造をします
いえはじめからあるものではるのですが
人類が認知できる以上の場に踏み込むのです
そのときわたしの体はおりまげられたまま息のみをしています

要するにそういうことです
考えるということは
宗教とおなじように
すべてに答えをだすことを可能にします
わたしに悩みはなく
わたしにとって希望はすべてを理解するということです
しかし
わたしは人を選び
時々その話をします
赤いカエルを見ました、昨日
夜の光のない場所で
赤く見えていました
ともだちが消え去ったばかりで
田舎の泥に埋まっています
冷たい風に冷やされ
歩くこともできず
たちあがろうとしてもすべてがわたしで大地がない
はじめに
あるのは健康であるという ことは実は嘘なんだけれど
何年もずっと
生きて
考える
歩む
ことはだいじです
それだけが
だいじです
考え、
だいじです)考えて
風の網に頬を裂かれる
生まれ変わること
だいじです)無い、
無い
ぶるぶる
見ているものだけが真実になりそうです)

コメント

非公開コメント
プロフィール

雪男

Author:雪男
Unidentified Mysterious Animal協会東京支部に所属するルポライター。記憶の一部を喪失し、「Eコース」の診療を受けつけてくれる精神クリニックを探している。

カテゴリ
検索フォーム