FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潮社:本にだって雄と雌があります/小田雅久仁

本にだって雄と雌があります

▼ P.71 ▼

つまり、ミキにとって絵を描くということは、晩年に雑誌に載った本人の言葉を引くならば、「ゴッホのように孤独で熱くある事。モネのように澄んでいる事。セザンヌのように厳格である事。ルオーのように祈る事。そして何よりセガンティーニのように家族を愛する事」だった。

コメント

非公開コメント
プロフィール

雪男

Author:雪男
Unidentified Mysterious Animal協会東京支部に所属するルポライター。記憶の一部を喪失し、「Eコース」の診療を受けつけてくれる精神クリニックを探している。

カテゴリ
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。