FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講談社文庫:浜村渚の計算ノート/青柳碧人

浜村渚の計算ノート

▼ log10.『ぬり絵をやめさせる』 ▼

「はい。四色問題です」「よんしょくもんだい?」「ちょっと前に読んだ本に書いてありました。どんな地図でも、四色あれば、隣り合う国が同じ色にならないように塗り分けることが出来る

▼ log100.『悪魔との約束』 ▼

『1×0=2×0』問題ない。「で、ここで『0で割っ』っていいなら、両辺を0で割ることができるはずなんです」すると、僕たちの目の前には、世にも奇妙な等式が現れた。『1=2』そんなバカな。 * 「0で割ってはいけない。これは、人類と悪魔との間で交わされた、数学史上もっとも重要な約束の一つだ」

▼ log1000.『ちごうた計算』 ▼

「うちが、この研究室に入るときの面接で、教授は言わはりました。数学者は、独創型と応用型の二種類がいる」「え?」「この研究室には、森本いう独創型と、後藤いう応用型がいる……これからの数学界に求められているのは、圧倒的に独創型や、計算しかでけへん応用型は必要あれへんように思われがちやて」

コメント

非公開コメント
プロフィール

雪男

Author:雪男
Unidentified Mysterious Animal協会東京支部に所属するルポライター。記憶の一部を喪失し、「Eコース」の診療を受けつけてくれる精神クリニックを探している。

カテゴリ
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。