FC2ブログ

PHP研究所:桜風堂ものがたり/村山早紀

桜風堂ものがたり (206x300)

▼ 第五話 春の野を行く ▼

(配本が少なくて、なんて言葉はあったけれど―――)新刊を送り込んでくる問屋、取次は、小さな書店や田舎の書店には、渋い冊数しか本を送り込まない傾向がある。ベストセラーや話題の本など書店側に売りたい本があったとしても、この店では売れないだろうと機械的に判断して配本の数を減らしてしまうのだ。

コメント

非公開コメント
プロフィール

雪男

Author:雪男
Unidentified Mysterious Animal協会東京支部に所属するルポライター。記憶の一部を喪失し、「Eコース」の診療を受けつけてくれる精神クリニックを探している。

カテゴリ
検索フォーム