FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河出書房新社:文藝ガーリッシュ ―― 素敵な本に選ばれたくて。/千野帽子

文藝ガーリッシュ (180x290)

▼ はじめに ▼

なぜ「ガーリー」ではなく「ガーリッシュ」なのか。前世紀末米国における映画・音楽・美術・服飾などの分野で、「ガーリー」と称される表現が流行し、女子文化の一側面を代表していたことがありました。本書第Ⅶ章の題に使った「ライオットガールズ」もその一支流でした。けれど、ガーリーがそのような意味を持つようになってからまだ歴史は浅いようです。 * つまり、ガーリッシュが「女子の」「女子用の」「女子ふうの」とニュートラルな意味を持つのにたいし、ガーリーは本来「女の子のエッチな画像を含む」(グラビアとか)という意味だったのです。だからここはどうしたってガーリーじゃダメ、ガーリッシュじゃなきゃダメなんです。

コメント

非公開コメント
プロフィール

雪男

Author:雪男
Unidentified Mysterious Animal協会東京支部に所属するルポライター。記憶の一部を喪失し、「Eコース」の診療を受けつけてくれる精神クリニックを探している。

カテゴリ
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。